車の下取りと買取りについて

乗っている車を手放すことを考えた時にあなたなら下取りと買取りのどちらを選びますか?
最近は買取りをしてもらったほうが結局手元にはお金が多く残るということが
広まってきているので買取りの件数が増えていると言えますがそれでもまだ
全体の件数で言えば下取りのほうが多いというのが現状です。
買取りのほうが高く売れるのになぜ下取りに出すのかというのはいくつかの理由が考えられます。
まず、下取りをしてもらったほうが次の車に乗り換える際の手間を考えると買取りよりも
楽なのではないかという考えを持っている人が多いということがあるでしょう。
次にディーラーとの付き合いでわかっていてもそちらを優先させることも考えられます。
また、下取りや買取りのどちらだとしてもむしろ廃車にならずに現金になるだけでも
ありがたいと持ち主が思っているような状態の車という場合もあるでしょう。
しかし、実際に多いのは下取りよりも買取りのほうが得をするということを知らない人が
多いからではないかと個人的には思います。
なので今のようにどんどん買取りのほうが車は高く売れるということが広まって行けば
全体的に買取りの件数のほうが下取りを上回る時もくるのではないかと思うわけです。