自分で稼いだお金は使えないものです

子供時代は親からお小遣いをもらっているので、すぐにお金を使ってしまっていたものです。
正月になりお年玉をもらっても瞬く間に消費してしまっていました。
ゲームソフトやおもちゃなどをすぐに購入してしまっていたのです。
ですが、大人になってから仕事をしてお金を稼ぐようになってくるとそう簡単に無駄遣いをするということができなくなってしまいました。
無理をして買い物をすることもできるのですが、そのあとに若干の苦痛を感じるようになりました。
お金値を使うことは楽しいはずだったのに、そう感じられなくなってしまったのです。
これは不思議な体験でしたね。
よく考えてみるとその原因が分かってきました。
それは、苦労をせず他人からもらったお金を使うことはとても楽しいということです。
ですが、自分で苦労をして稼いだお金を適当に使うということはできないということです。
よく考えるとすごく自分勝手なことに思えてきます。
でも人間とはそういうものなのかもしれません。
それからは私はよく考えました。
子供時代に私にお小遣いをくれた人たちはどういう気持ちだったのだろうということです。
そして何も考えずにお金を消費していた自分が恥ずかしくなりました。
これからは気をつけてお金を使っていきたいですね。
借金地獄から抜け出す