引っ越しの面倒な経験

引っ越しで、最も面倒だったのは、普段何気に使って利用しているお店など、いちいち開拓しなければならなかったことでした。
私の場合、クリーニング店と靴の修理のお店に苦労しました。
クリーニング店は、やはり、どこでもいいわけではなく、厳選して気に入ったお店を利用していたので、新たな土地でそれを見つけるのは大変でした。
染み抜きは丁寧か。
ボタンが緩んでいないか。
ほつれができていないか。
チェックするところは多く、なかなか気に入ったお店を見つけることができませんでした。
また、お値段は手頃かどうか。
また、急いでいる場合、無理を聞いてもらえるかどうか。
お届けは可能か、営業時間は何時までかなど、今までは気にしたことがなかったことも、いちいち確認せねばならず、とても面倒に感じました。
また、靴の修理は、ヒールの修理が主で、ハイヒールで歩き回るため、ヒールはすぐにダメになってしまいます。
また、いい靴を長く履きたいと思っているので、丁寧に修理をするのが私の常でした。
ですから、これも身近にいいお店を見つけるのが大変でした。
お気に入りのいい靴は、特に丁寧に修理して貰わないと、次に直すときに支障をきたします。
今までは、信頼関係のできたお店でしたので、開拓するのは、やはり面倒でした。
目に見えない苦労が、引っ越しにはあるのだと、実感しました。