小銭への意識

私は小さい頃1円や5円などの小銭というものを完全にバカにしていました。
時には10円玉が道に落ちていても見ないふりや気にしないふりをして通り過ぎていました。
さすがに100円になると立ち止まるのですがそれでも「たまにはお札が落ちてればいいのに」などと思っていました。
しかし大人になって自分で稼いで自分で生活をまわしていかなくてはいけない状態になるといやでもお金に対してシビアな感覚になっていきます。
たとえ周囲にセコいと言われようがみみっちいと言われようがどんな小銭であってもお札同様大事なお金だという認識に一変しました。
なので小さい頃の自分を振り返ると「お金に対する礼儀も悪いし頭も悪いな」と自分の事ながら腹がたってきます。
つい先日も小銭が12円足りなくてレジの会計を保留してもらい大急ぎで家にお金を取りに行ったという恥ずかしい経験をしたばかりなのですがたとえ1万円持っていても会計が1万1円なら基本的にアウトなんだと改めて思いました。
小銭に対しての管理を自分なりに厳しくしてから家計に締まりがでてきたように思います。
どんぶり勘定をやめたら無駄な支出が減ったのだと思います。
これからも小銭をバカにするような自分に戻らず全てのお金に対して大事に扱っていこうと思っています。
探偵社 費用